アメリカの大学に進学するお勧めな方法

大学からアメリカに留学する人のことはたまに聞きますが、高校卒業まで日本で育った人がいきなりアメリカの4年制大学に進学するとは決して簡単なことではないと思います。どういった方法で進学するにしても費用はかなりかかりますし努力は必要ですが、私自身の周りにいた多くの日本人やアジア人留学生がとっていた手段やアメリカ留学カテゴリのブログで調べた方法をいくつか紹介したいと思います。

まずはコミュニティ・カレッジという二年生の大学で、ELDという留学生のための英語のクラスをとりながら他のクラスも同時進行でとり、二年以内に4年制の大学に「トランスファー」、つまり転校という形で進学する、という手が比較的入学しやすく、入学した後も授業に比較的着いて行きやすいようです。一般的にコミュニティ・カレッジは4年制大学よりも少人数性で面倒見が良い上、授業の難度も4年制のものより簡単な場合が多いです。

もちろん留学のためのビザ取得などは必要なので手続きは4年制大学に直接留学するときとほとんど変わりません。「トランスファー」という手段は最初から希望する4年制大学に進学できなかったアメリカ人学生もとる手段です。決して「裏入学」ではありませんが、最初から4年制の大学に入学するよりは良い大学に入学しやすくなるというメリットがあります。もちろん卒業証書には後から入学した4年制の大学名しか載っていません。